トピックス(當麻寺「練供養」)

當麻寺「練供養」と中将姫ゆかりの地巡り(2017.5.14)

今回のガイドコンセプトは1005年(寛弘2)から戦時中であっても途切れることなく営まれている「聖衆来迎練供養会式」を見学するため、中将姫伝説を随所でお話しし、ゆかりの地を巡り当日でしか見ること・体験できないことを味わう事でした。

<行程>
近鉄当麻寺駅→けはや館・けはや塚→當麻寺→ステーション(昼食)→傘堂→鳥谷口古墳→
高雄寺→石光寺→中将姫墓所→ 當麻寺境内(解散)・練供養(約7km)


5月14日、前日の大雨がうそのように当日は晴天に恵まれました。当会の参加者は36名でしたが練供養当日のこの日は日曜日ということもあり、駅には多くの方が降りてきていました。
9時半頃から到着順に4・5名を1グループとして受付終了後、順次スタート。10時過ぎには最終グループがけはや館に向かいました。
けはや館
<けはや館>

中将姫伝説は長いのでけはや館前で誕生から出家までお話しします。
継母に殺されかけるも恨みもせず、一心にお経をあげる姫のお話しは涙なしでは語れません。 
けはや館前での案内風景
<けはや館前での案内風景>

當麻寺境内に入り、木陰で出家後のお話しをします。
17歳の時、参籠中に現れた阿弥陀の化身の尼僧に助けられ、蓮糸を織り上げ、13年後聖衆を従えた阿弥陀が来迎し、姫は合掌し生きたまま西方浄土に迎えられたとされます。
仁王門近く
<仁王門近く>

當麻寺の創建は縁起によれば612年(推古20)、用明天皇の第三皇子麻呂子が異母兄の聖徳太子の教えを受け二上山の西(大阪府太子町)に建てた万法蔵院禅林寺に始まります。
681年(白鳳9)、麻呂子皇子の孫である當麻国見が役行者ゆかりの現在の地に移し禅林寺と号し、弥勒仏を本尊として創建されたのが現在の當麻寺とされています。真言宗と浄土宗が二宗共存する珍しい寺です。
本堂前での案内風景
<本堂前での案内風景>

本堂は天平時代。寄棟造、本瓦葺。本尊は中将姫が織ったと伝えられている「綴織當麻曼荼羅図」で国宝に指定されています。
練供養の期間だけ裏板曼荼羅が拝観可能です。
この日は本堂を「極楽堂」と呼び、「娑婆堂」との間に約120mの来迎橋が渡されます。
来迎橋
<来迎橋>

中之坊本堂は中将姫が奈良時代に剃髪した受戒堂です。中に入らず外で案内します。
中之坊前での案内風景
<中之坊前での案内風景>

護念院にて練供養のビデオ鑑賞、住職による法話を聞き、二十五菩薩の御面を拝観します。
面かぶりは練供養当日、午前の間しか体験できないことで参加者は興味を持って楽しんでいました。
面かぶり体験1 面かぶり体験2
<面かぶり体験>

境内案内の後、ステーションに行き、昼食後、鳥谷口古墳へ。加工後の石棺石材を大量に使用していることから、非業の死をとげた大津皇子の墓とされています。
新緑の中上がっていきます。道中で野草の写真を撮られる方がいました。釣られてパチリ。
鳥谷口古墳1 鳥谷口古墳2 
<鳥谷口古墳>

その後傘堂へ向かいます。
傘堂は一本柱の上に宝形造の屋根を載せただけの造りで、練供養のこの日、カラフルな幔幕が張られていました。参加者は、身体を真柱の周囲に接しながら巡るとご利益があるとのことで、興味津々で中に入りました。
堂内巡り
<堂内巡り>

高雄寺から中将姫ゆかりの「染の井」と「糸掛桜」がある石光寺に行きます。
石光寺の本尊は阿弥陀如来。天智天皇の時、光り輝く所があり掘ると光を放つ石仏「弥勒三尊」が出たので勅願により役行者が堂宇を建てたのが始まりとされています。
染の井
<染の井>

中将姫墓所を通り、15時半頃、當麻寺に戻りました。朝に比べて境内には多くの観光客が集まっており、これから始まる練供養会式を待ちわびていました。

「中将姫」の像を輿に乗せ極楽堂から娑婆堂まで送られます。その後僧侶、お稚児さん、雅楽の演者が続々登場。「天人」が二十五菩薩を先導するスタイルは當麻寺オリジナルです。
天人
<天人>

観音菩薩は両手で蓮台を持ち、左右にささげてはすくいあげる所作を繰り返します。
観音菩薩
<観音菩薩>

勢至菩薩は合掌しながら観音菩薩と同じように体をねじって進みます。
勢至菩薩
<勢至菩薩>

しんがりは天蓋を持った普賢菩薩がつとめます。
普賢菩薩
<普賢菩薩>

娑婆堂では観音菩薩と勢至菩薩が「奉奏舞」を舞います。
帰りの観音菩薩の蓮台には中将姫像の像内から取り出した宝冠阿弥陀坐像がのっています。
帰りの観音菩薩
<帰りの観音菩薩>

喜多郎のシルクロード(絲綢之路)が流れる中、最後に輿が娑婆堂から出ます
娑婆堂から出る輿
<娑婆堂から出る輿>

終わるころには夕日が射しこんでいます。
夕日を浴びる来迎橋
<夕日を浴びる来迎橋>


「今回の練供養のように催しに合わせた企画がよかった」「奈良検定を受けるつもりなので役に立った」「写真を撮って頂いた」「詳しいガイドでとても楽しく過ごせた」など、お客様アンケートの結果、9割以上が満足されたと回答があり、終始和やかな雰囲気でツアーを終了しました。
                                              文・写真 寺田麻美
プロフィール
奈良をよく知り、奈良を愛するボランティアガイドのグループです。奈良の本当の素晴らしさを皆様にお伝えします。 奈良観光のご相談も、お気軽にどうぞ。

総合案内