ご好評ツアーの様子(白毫寺)

世界遺産 元興寺から萩盛りの白毫寺へ(2019.10.5)
   -社家の家並みや新薬師寺をぬけて-

 近鉄奈良駅の南へ徒歩15分にある元興寺は、6世紀末に蘇我馬子が建立した最古の本格的伽藍を持つ飛鳥の法興寺が起源です。中世、智光曼荼羅を中心として庶民の信仰に支えられました。
 奈良町から社家の街並みを抜け、天平時代の国宝の建物や仏像を持つ新薬師寺や萩で有名な関西花の寺の白毫寺を巡るコースです。

〈行程〉
近鉄奈良駅⇒元興寺⇒藤間家⇒不空院⇒新薬師寺⇒南都鏡神社⇒白毫寺 (約6km)

 当日は好天の下、35名の方に参加頂き、4班に分かれて上記コースを巡りました。
以下に、そのガイド風景をご紹介します。

CIMG5093.jpg

近鉄奈良駅を4班に分かれて出発。


2.gif

元興寺の国宝の本堂へ。
 
奈良時代以降の古材や飛鳥時代以降の瓦が使われています。


CIMG5118.jpg

浮図田から見た本堂、禅堂(国宝) 

奈良時代の建物を鎌倉時代に改造しています。

瓦は行基葺、建物には大仏様の建築手法が使われています。


CIMG5129 (1)

不空院は、不空羂索観音や弁財天が安置されています。

女人救済の寺とも言われていました。


CIMG5130.jpg

新薬師寺の国宝の本堂前です。

ご住職のお話もありました。  

天平時代の軽やかな建物です。

国宝の薬師如来坐像や十二神将像が安置されています。


CIMG5156.jpg

白毫寺の美しい階段です。 
  
萩が両側から迫ってきます。


CIMG5169 (1)

萩の花を詠んだ万葉の歌碑です。

高円の 野辺の秋萩 いたずらに 
     咲くかちるらむ 見る人なしに
               笠の金村

昔から萩の名所でした。


CIMG5174.jpg

阿弥陀如来坐像など、重要文化財が安置されています。

冥界の十王の内、閻魔王と大山王像があります。


CIMG5173 (1)  CIMG5172.jpg

旅の終わりは白毫寺がいいですね。
奈良市内から生駒山の景色がとても美しく感じられます。

16時に白毫寺で解散しました。皆様お疲れ様でした。


文 : 川村 剛  /  写真 : 森岡 利之

ご挨拶

奈良まほろばソムリエの会        ガイドグループ

奈良まほろばソムリエの会        ガイドグループ

NPO法人
奈良まほろばソムリエの会

奈良に精通する人材を認定する「奈良まほろばソムリエ検定」(奈良商工会議所主催)の最上級「奈良まほろばソムリエ」の合格者をはじめとする奈良を愛する人々の集まりです。