ご好評ツアーの様子(座禅体験)

年に一度の鑑真像にまみえ古刹三松寺へ(2018.6.5)
     ~唐招提寺秘仏と大和盆地唯一座禅体験~


鑑真和上坐像の御開帳に合わせて「唐招提寺」を訪ね、「西方院」では秘仏・快慶晩年の作「阿弥陀如来立像」を拝観。大池西岸からは、遠く薬師寺や興福寺五重塔を望み、最後は三松寺でたっぷり90分の座禅体験。

<行程>
近鉄 西ノ京駅→唐招提寺→西方院→龍蔵院(昼食)→大池西岸→三松寺→近鉄 九条駅 
(約5.5キロ)


H30.6.5(火)晴れ。朝9:30、お客様22名、ガイド7名が6班に別れ、近鉄・西ノ京駅を、いざ、出発。お客様は、主に県内を中心に近畿圏の方でしたが、遠くは名古屋方面からも参加いただきました。

DSC_1107.jpg DSC_1686.jpg
<唐招提寺南大門(再建)>              <江戸時代の改造で屋根が美しい金堂>
唐招提寺では法隆寺東大門を参考にした三棟造の南大門を潜り、境内へ。正面に金堂が現れます。廬舎那仏を初め9体の国宝を拝観しました。 千手観音立像では、大正と平成の修理の模様を対比して説明。保管庫内で、外された大小953本の脇手がその本体を取り囲むように並べられた写真には、皆さんから驚きの声があがりました。


DSC_1436.jpg
<講堂の東側から見た全景>
続いて、鑑真和上が当寺を開創するに当たり、平城京の東朝集殿を移築、改造したと言われる講堂に向かいます。堂内には四天王の内、持国天と増長天だけが安置されていました。果たして多聞天と広目天は何処に?

DSC_1683.jpg  DSC_1684.jpg
<5/19撮影・うちわまきの様子。抽選でいただいたうちわ>
鼓楼では、覚盛上人を偲ぶ法要「梵網会(うちわまき)」の謂れと今年の模様を。法要は、お寺の中興の祖・覚盛上人の祥月命日5/19に行われます。今年は朝9時から並んだ500名に、午後2時、鼓楼からうちわが撒かれ、参加できなかった1000名にも抽選(緑の札が当たり)で配られました。今日、売店では1本1000円で販売されていました。

DSC_1679.jpg
<奥は工事中の御影堂>
鑑真和上坐像や東山魁夷氏の障壁画を安置する御影堂は現在修理中で、2020年までかかるそうです。今回は、近くまで入ることができ、曳家での工事中の様子の一端を見ることができました。

お身代わり像は、普段の開山堂から地蔵堂に場所を移して展示。その前で「鑑真は目が見えた?」「お身代わり像制作の際、和上像は他の脱活乾漆像とは造像方法が異なる新発見があった」等、近年の研究成果も披露、お客様には、鑑真像をより身近に感じてもらえたようでした。

DSC_1689.jpg
鑑真和上の墓所、開山御廟にお参りしました。

DSC_1651.jpg
<5/9に撮影した満開の瓊花>
趙紫陽首相から送られた
鑑真の故郷・揚州の花「瓊花」が
墓前に植えられていました。


DSC_1688.jpg DSC_1691.jpg
<東室と礼堂の前>      <経蔵の前の様子>
東室と礼堂(東室の前8間を改造)の前では、かつての三面僧房の風景を法隆寺の聖霊院、三経院の改造を交えて案内。また、新田部親王邸の米蔵を改造した日本最古の校倉造りの「経蔵」と寺の創建に合わせて建立された少し大きい校倉造りの「宝蔵」を巡ります。

最後に新宝蔵に向い、年に一度の「鑑真和上坐像」にお目にかかりました。

DSC_1695.jpg
<西方院の無縁仏の前で>
西の丘にある唐招提寺奥の院、西方院に向かい、快慶晩年の作・秘仏「阿弥陀如来立像」を拝観。境内には中興二世・證玄(覚盛上人の弟弟子)の他、桂昌院や綱吉の帰依が深い護持院隆光の五輪塔があり、また、数多くの無縁仏に圧倒されました。

DSC_1357.jpg
<歴代の薬師寺僧の墓>              
少し南に下ると、龍蔵院、薬師寺の奥の院とも呼ばれる墓所。お寺の復興に貢献された高田好胤氏や歴代の薬師寺僧の墓が静かに佇んでいました。
ここで昼食。ちょうど12時でした。

DSC_1697.jpg
<大池から東方を遠望する>
さらに南へ、万葉集に「勝間田の池」と詠われた大池西岸を歩き、東方に薬師寺、その先に興福寺五重塔、若草山を遠望。写真家・入江泰吉氏の作品に取り上げられた奈良を代表する風景の一つですが、万葉歌と共に楽しんでいただきました。

三松寺 IMG_8657.jpg
<三松寺門前>                    <座禅に入る様子>
最後は三松寺で座禅体験。まずは皆川住職の法話に始まり、正装に身を包み、達磨太子の大きな絵が掲げられた座禅堂で、座禅開始。脚、手を組み、姿勢を整え、呼吸と心を調えます…。椅子座禅もあり、あっという間の90分でした。

その後、近鉄九条駅に向かい、15:30解散。皆様、お疲れ様でした。

唐招提寺と西方院の秘仏御開帳に合わせた拝観の他に、参加型プランとして座禅体験をセットしましたが、本格的な座禅は初めての方も多く、「楽しい経験をしました」との声を皆さんからいただきました。

座禅参加が思っていたより良かった、よい時間を過ごさせて頂いたとの声が多くの方から寄せられました。また、同様の機会設定を次回期待しますとのご要望もいただきました。

ご挨拶

奈良まほろばソムリエの会        ガイドグループ

奈良まほろばソムリエの会        ガイドグループ

NPO法人
奈良まほろばソムリエの会

奈良に精通する人材を認定する「奈良まほろばソムリエ検定」(奈良商工会議所主催)の最上級「奈良まほろばソムリエ」の合格者をはじめとする奈良を愛する人々の集まりです。