M6)斑鳩

斑鳩三塔から藤ノ木古墳へ…聖徳太子とその一族の夢を探る

 飛鳥時代を今も地上で感じられる世界遺産の地“斑鳩の里”
 聖徳太子とその一族が暮らした夢の跡を訪ねてみませんか。
 15棟もの国宝建造物を次々と間近に見ながら、聞きながら
 古代への想いが一層深まる豪華コースです。

M06斑鳩三塔    M06藤ノ木古墳
      (法起寺三重塔)                (藤ノ木古墳)

・集合:JR大和小泉駅「西口」 10時
・解散:法隆寺南大門前 15時(予定) (JR法隆寺駅行のバスあり)

    ※ご希望で、引き続き法隆寺伽藍内部や宝物館へもご案内いたします。
      (別途拝観料が必要です。)

(コース) コース内容は、ご相談に応じます。 
  JR大和小泉駅 ⇒ 奈良街道を庚申堂へ ⇒ 小泉陣屋跡から小泉神社 ⇒
  法起寺三重塔 ⇒ 史跡・三井 ⇒ 法輪寺(近辺で昼食)⇒ 
  野道を仮宿庵から天満池へ ⇒ 法隆寺境内(東院伽藍→西院伽藍→西円堂)⇒
  西里集落をぬけて藤ノ木古墳 ⇒ 斑鳩文化財センター(副葬品見学)⇒ 法隆寺南大門前
   (歩行距離:6.5Km)

(みどころ)
  ①小泉神社:代々将軍家の茶道師範を務めた片桐家・小泉陣屋の鬼門筋にあり、
   山門は旧陣屋の貴重な遺構です。
  ②法起寺:聖徳太子が推古天皇に法華経を講説したという岡本宮の跡に建ち、
   境内は世界遺産となっています。
  ③法輪寺:太子の長男・山背大兄王らが父の遺志を継いで建立。
   再建の三重塔は西岡常一棟梁が手掛けました。
  ④法隆寺:広い境内に国宝38件を擁し、飛鳥時代を代表する仏教建築・仏教美術の宝庫。
   日本で最初に世界遺産となった、そのワケと価値をじっくりとご案内いたします。
  ⑤藤ノ木古墳:25年前、未盗掘で発掘されて大フィーバーとなった豪華な副葬品や石棺を
   間近で見学できます。

総合案内に戻る
プロフィール
奈良をよく知り、奈良を愛するボランティアガイドのグループです。奈良の本当の素晴らしさを皆様にお伝えします。 奈良観光のご相談も、お気軽にどうぞ。

総合案内