M19)北山辺の道

北山辺の道…ワニのいた道を訪ねて

記紀に関連記事の最も多い古代の和珥一族。
その奥津城とされる東大寺山古墳群を中心に巡ります。
また櫟井氏・柿本氏・大宅氏といった和珥系支族の居住地に、
寺院跡などその営みの跡を訪ねます。


aa.jpg      a.jpg
      【和爾下神社】                    【赤土山古墳】
 

・集合:JR櫟本駅(万葉まほろば線)10時
・解散:JR帯解駅15時30分頃


(コース) コース内容は、ご相談に応じます。 
  和爾下神社・和爾下神社古墳・柿本寺 ⇒ 東大寺山古墳(遠望) ⇒ 赤土山古墳
  ⇒ 白川ダム(昼食) ⇒ 弘仁寺 ⇒ 黄金塚古墳 ⇒ 塔の宮廃寺跡 (全行程:約9km) 

(みどころ・ききどころ)
  ①東大寺山古墳群成立の状況とその立地の特異性を考える。
  ②和珥一族とは、どのような人々なのか。
  ③和珥一族の末裔は、どのように分岐し、何処に居住したか。
  ④古刹弘仁寺の創建に、和珥系氏族が関わっていた。

総合案内に戻る
プロフィール
奈良をよく知り、奈良を愛するボランティアガイドのグループです。奈良の本当の素晴らしさを皆様にお伝えします。 奈良観光のご相談も、お気軽にどうぞ。

総合案内