M17)山辺の道Ⅱ

山辺の道Ⅱ…勾之岡上に大王墓のある風景

「山辺の道」は、奈良盆地東縁部を縫って続く古代の踏み分け道です。
そこでは極めて早い時期の巨大古墳・祭祀を司った古社を巡ることが
出来ます。また多くの謎も残されています。

M17長岳寺の石仏      M17衾田陵
    長岳寺の大石棺仏                 衾田陵付近

・集合:JR万葉まほろば線 柳本駅10時15分
・解散:JR柳本駅15時(予定)


(コース) コース内容は、ご相談に応じます。 
  JR柳本駅 ⇒ 黒塚古墳 ⇒ 崇神天皇陵 ⇒ 長岳寺 ⇒ 
  天理市トレイルセンター(昼食休憩) ⇒ 中山大塚古墳 ⇒ 衾田陵 ⇒
  菅生環濠集落跡(西山塚古墳) ⇒ 大大和神社 ⇒ JR長柄駅  (歩行距離:約6Km)

(みどころ)
  ①黒塚古墳:近世柳本陣屋郭に取り込まれた前期古墳。
  ②長岳寺:空海によって創建された古刹。大石棺仏も。
  ③「勾之岡上」の大王墓とは:現地で実感する。
  ④萱生環濠集落跡:県下最高所(100m)の環濠集落跡。

総合案内に戻る
プロフィール
奈良をよく知り、奈良を愛するボランティアガイドのグループです。奈良の本当の素晴らしさを皆様にお伝えします。 奈良観光のご相談も、お気軽にどうぞ。

総合案内