M26)吉野Ⅱ

吉野Ⅱ…南朝旧跡と吉野宮跡

日本国(律令国家)成立の端緒となった壬申の乱の幕開けの地、
天武帝の吉野の宮と、我が国史上、唯一国を二分した南北朝の
南朝の都、天武と後醍醐の光と影が綾なす世界を巡ります。

Y12)吉野山2
                    (吉野山上の遠景)

・集合:近鉄吉野駅9時30分
・解散:奈良交通宮滝バス停16時30分(予定)


(コース) コース内容は、ご相談に応じます。 
   近鉄吉野駅 ⇒ 七曲り ⇒ 黒門 ⇒ 銅の鳥居 ⇒ 仁王門 ⇒ 蔵王堂・吉野朝宮跡 ⇒
   東南院 ⇒ 吉水神社 ⇒ 勝手神社 ⇒ 五郎兵衛茶屋跡(昼食) ⇒ 如意輪寺・後醍醐天皇陵
  ⇒ 稚児松地蔵 ⇒ 高滝 ⇒ 象の小川 ⇒ 桜木神社 ⇒ 柴橋 ⇒ 宮滝遺跡 ⇒
     吉野歴史資料館 ⇒ 奈良交通宮滝バス停   (歩行距離:約8km)

(みどころ)
  ①七曲り坂:吉野の桜(西行・本居宣長を魅了した山桜)
  ②吉野朝宮跡:(57年の南朝皇居跡) 南朝妙法殿、南朝四帝歌碑
  ③吉水神社:(重文・世界遺産建造物)後醍醐天皇玉座、豊臣秀吉花見の本陣、
   義経潜居の間(最古の書院造り) 
  ④勝手神社:(勝負の神・勝敵毘沙門天) 静御前舞塚、袖振り山(天女の舞・五節の舞の
    起源伝承)
  ⑤如意輪寺・後醍醐天皇陵:金剛蔵王権現像(源慶作・重文)、楠正行永訣の堂の扉
  ⑥宮滝遺跡:(国史跡) 吉野宮・吉野離宮跡、ポットホール(急流が穿った巨大岩穴)
  ⑦吉野歴史資料館:吉野宮・吉野離宮-復原模型、青根が峰(神体山・水分山)遠望

<注意事項>履物については、トレッキングシューズ・運動靴等、山歩きしやすい靴でご参加下さい。


総合案内に戻る
プロフィール
奈良をよく知り、奈良を愛するボランティアガイドのグループです。奈良の本当の素晴らしさを皆様にお伝えします。 奈良観光のご相談も、お気軽にどうぞ。

総合案内