M16)山辺の道Ⅰ

山辺の道Ⅰ…大和王権発祥の地を巡る

三輪山麓に広がる史跡や伝承地から、大和王権発祥の
状況に想いを巡らします。また多くの万葉歌碑に出会う
のも楽しみの一つです。

大美和の杜  井寺池
               (大美和の杜)         (井寺池から三輪山を望む)

・集合:JR万葉まほろば線三輪駅10時10分
・解散:JR巻向駅15時30分(予定)


(コース) コース内容は、ご相談に応じます。 
  JR三輪駅 ⇒ 仏教伝来の地 ⇒ 海石榴市(つばいち)跡 ⇒ 金屋の石仏 ⇒
  磯城瑞籬宮趾(しきみずがきのみやあと) ⇒ 大神神社 ⇒
   狭井神社 ⇒ 大美和の杜 ⇒ 檜原神社 ⇒ 井寺池⇒ 箸墓
   ⇒纒向大型建物跡⇒JR巻向駅  (歩行距離 約7km)

(みどころ)
  ①大和川付近:古代、交通の要衝(仏教伝来の地・海石榴市跡がある)。
  ②大神神社:三輪山をご神体とする最古の神社の一つ。
  ③大美和の杜:展望台から大和三山・二上山など一望。
  ④檜原神社:神社の初期の形態を止める。大神神社と同様の三ッ鳥居がある。
  ⑤箸墓古墳:巨大化した最初の古墳(280m)。倭迹々日百襲姫と三輪山の神
   との伝承を残す。

総合案内に戻る
プロフィール
奈良をよく知り、奈良を愛するボランティアガイドのグループです。奈良の本当の素晴らしさを皆様にお伝えします。 奈良観光のご相談も、お気軽にどうぞ。

総合案内